COCCO

Home > 習い事 > COCCO

英会話スクールなら大阪・梅田のCOCCO英会話教室

英会話の関連情報

英会話(えいかいわ、英語: english conversation)とは、英語で行う会話のことを指す。
※テキストはWikipedia より引用しています。

英会話を大阪梅田で学ぶならCOCCO英会話。これから英会話を学ぶ方、学び始めて間もない初心者様専門英会話教室です。香里園徒歩圏に立地しており、ビジネスマン主婦学生にご利用頂いております。初心者専門英会話スクールをお探しの方は、ご利用ください。

日本の学校の英語教育は、読み書きや文法に力を入れていますが、それは、英会話を習得する上では非常に遠回りな学習法となっています。なぜなら、日常会話程度であれば、細かい文法構造を理解していなくても通用することがほとんどだからです。英会話を習得するには、リスニングをしながら「音読」をして覚えるのが最も効果的です。ネイティブの発音を生で聴き、外国人と話すことに慣れながら学習するのが望ましいですが、独学で勉強する事も可能です。しかし、ラジオやCD(DVD)などを、ただ聞き流すだけでは「英会話」を習得することは難しいです。英語は日本語よりも使われている音が多く、日本語の「あ」に相当する音だけでも4つほどあります。さらに「あいうえお」のどの音にも当てはまらない中間的な音が「あ」に聞こえてしまうこともあるので、それらも合わせると6つくらいの音が日本人の脳内では「あ」に変換されてしまいます。普段、自分の口から発音しない音は「知っている音に脳内変換」してしまうか「存在しないもの」としてスルーしてしまい、雑音として処理されてしまいます。ですので、英会話を勉強する時は、とにかく声に出して発音の練習をする事が大切です。実際に声に出して発音し、何度も繰り返して、その音が「必要な音」だということを自分の脳にインプットしていかなければなりません。英語と日本語では口周りの筋肉の使い方も違いますので、ネイティブの口の動きをオーバーなくらいにマネしてみるのも良い練習になります。あと、日本人の英語が通じにくい原因としては「声が小さい」こともよく指摘されます。日本語は英語に比べて息を吐く量が少なく、小さい声でも発音しやすいので、日本人は英語を話すときも小声になりやすいのです。特に「S」の発音などは、日本語の「さ行」よりもはるかに大量の息を吐きながら発音していますので、声が小さいと余計に伝わりにくくなります。さらに自信の無さがあいまって、自分が思っている以上に小声になってしまうことが多々あります。文法が間違っていても、大きな声で話すだけでも通じやすくなりますし、そうなると英会話が楽しくなり上達も早くなります。

注目キーワード

英会話
英語による会話。 英語学習におけるカテゴリのひとつ。二人以上のグループで、共通の話題について話をする。 聞いたことに対して、柔軟かつ迅速かつ適切に反応しないと、会話にならないあたりが難しい。これは日本...
新感覚☆キーワードで英会話
NHK教育テレビの2006年度上半期の英語講座。 *放送時間 本放送 -火〜金曜 午後11:00〜11:10 再放送 -日曜 午前 7:00〜 7:40 -翌週 月〜木曜 午後0:00〜0:10 *出演者 -安良城紅 -藤岡正明