フォトスタジオピエノ

Home > ワーク > フォトスタジオピエノ

フォトスタジオピエノ 大阪の写真館|大阪市淀川区

写真の関連情報

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」とも訳される。"photograph"から、略して"フォト"と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

大阪市淀川区にあるフォトスタジオピエノは、ベビーフォト、バースデーフォト、七五三、成人式、マタニティー、ウェディングなどの大切な思い出写真を、自然光あふれるスタジオでナチュラルに撮影いたします。アンティーク着物の七五三も人気です。

娘が7歳になったので、七五三の記念撮影をすることにしました。これまでは、大手チェーン店にお願いしていたのですが、友人から写真館Pienoで撮影した写真を見せてもらい、「こんなおしゃれなフォトスタジオが大阪にもあるんだ」と驚きました。アンティーク風のインテリアや写真の撮り方なども含め、自分のテイストにマッチすると思ったので、今回はPienoにお願いすることにしました。電話で問い合わせたところ、分かりやすく説明してくれて、好感が持てました。料金もそれほど高くないので、利用しやすいと思いました。娘にホームページの写真を見せると、気に入ったようで、撮影日を心待ちにしていました。当日は、娘が楽しく撮影できるよう、スタッフの方が色々と配慮してくださり、娘は終始笑顔で、ほっとしました。子供の扱いには慣れてらっしゃって、さすがプロだなと思いました。スタジオの雰囲気もホームページの雰囲気に似ていて、ほっこりと心が温かくなるような感じでした。ちょっとした小物類も可愛らしく、ナチュラルな雰囲気のスタジオに合っていました。出来上がった写真も、自然光が活かされていて、おしゃれに仕上がりました。主人も気に入ったようなので、「今度は家族写真を撮りたいね」と話しています。

注目キーワード

写真
光学的方法で感光材料面に写しとった物体の映像。一般には物体からの光を写真レンズで集めてフィルム・乾板などに結像させ、これを現像液で処理して陰画とし、印画紙などに焼き付けて陽画を作る。 日本では1857年に...
銀塩写真
撮影にフィルムを用いる写真。 フィルム表面にある臭化銀などの銀の塩類は、光が当たると金属の銀の微細粒子となる。 さらに現像により、この銀の粒子を種として、銀の粒子が大きくなり、肉眼で黒く見えるようになる......