ALFフランス語学校

Home > 習い事 > ALFフランス語学校

ALFフランス語学校|東京都内で学ぶフランス語会話・文法の教室

フランス語の関連情報

フランス語(フランスご)は、インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派に属する言語。ロマンス諸語のひとつで、ラテン語の口語(俗ラテン語)から変化したフランス北部のオイル語(またはウィ語、フランス語: langue do?l)が母体と言われている。日本語では、仏蘭西語、略して仏語とも書く。 世界で英語(約80の国・地域)に次ぐ2番目に多くの国・地域で使用されている言語で、フランス、スイス、ベルギー、カナダの他、かつてフランスやベルギーの領域だった諸国を中心に29カ国で公用語になっている(フランス語圏を参照)。全世界で1億2,300万人が主要言語として使用し、総話者数は2億人以上である。国際連合、欧州連合等の公用語の一つにも選ばれている。このフランス語の話者を、フランコフォン (francophone) と言う。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京都内でフランス語会話・文法を学ぶなら、ALFフランス語学校。都営浅草線・大江戸線大門駅から徒歩2分、JR京浜東北線・山手線 浜松町駅から徒歩4分。一人ひとりのニーズに合わせたレッスン形式でフランス語がしっかりと身に付きます。

社会人になってから、フランスに旅行にいく機会があり、観光を楽しんだ際にフランスの魅力にとりつかれました。そこで、現在、週に一回、フランス語の学校に通っています。ただし、想像と違うところがあります。それは、朝活レッスンを受けており、朝、フランス語の学校に通って、45分間のレッスンを受けて、その後に会社に出勤するといった生活を送っています。その理由としては、残業が発生して、毎日、定時退社できるわけではないからです。しかも、あらかじめ残業がわかっていれば調整もできるのですが、残念ながら、わからないため、朝行くことにしています。朝の方が頭の中がすっきりとしていますし、夕方学校に行くよりも、集中して学ぶことができると感じました。講師は皆資格を持っており、フランス語を学ぶには最適だと思いました。さらに、レッスンも工夫されており、ただ単純にフランス語の聞き取りであったり、話せるようになるといっただけではなく、フランスの文化などもあわせて勉強できるのが良いです。そのため、フランスのことをより知り、好きになることで、勉強するためのモチベーションも上がり、また勉強するといった良い循環が行なっていると思います。

注目キーワード

フランス語
古代ローマ帝国支配地域で話されていた口語ラテン語(俗ラテン語)が祖語とするロマンス語の一つ. 現存する最古のフランス語文献は842年の『ストラスブールの誓約』である.中世に北フランスで話されていたオイル語......
フランス語会話
*NHKテレビフランス語会話 1959年10月6日、「たのしいフランス語」として放送開始。1976年4月、「フランス語講座」に改称、1990年4月より現在の「フランス語会話」となる。 -主な講師 朝倉季雄 石井晴一 大木...