株式会社三晃商会

Home > 乗物業界 > 株式会社三晃商会

中古クレーン買取と販売【三晃商会】重機や建機のことなら

建設機械の関連情報

建設機械(けんせつきかい、英語: construction equipment)は、土木・建築の作業(工事)に使われる機械の総称である。省略して建機(けんき)、または重機(じゅうき、heavy equipment)とも呼称される。人力で施工することが困難な作業を機械化したものがほとんどである。高度経済成長の時代に高層建築や道路整備などで建設機械が日本の社会資本整備に果たした成果は大きい。20世紀末から21世紀現在では、公共事業のコスト削減が叫ばれており建設機械にはさらなる作業の効率化などの役割が求められる。 日本での建設機械需要の60%強は、レンタル機の活用に移ってきている。建設業者の経営合理化に向け、機械経費削減のために、この流れはまだまだ加速している。
※テキストはWikipedia より引用しています。

中古クレーンの買取販売は三晃商会にお任せください。。重機販売輸出や建設機械輸出、中古建設機械の販売・買取を行っております。

近年資金繰りが厳しくなり、使わなくなった中古クレーンをできるだけ高く買取ってくれる業者はないか探していたのですが、どこの業者も安く買いたたこうとしてくるところばかりでため息が出るばかりでした。もう、これまで見積もってもらった業者の中から一番高いところに依頼しようかと考えたのですが、実際に査定に来てもらうとさらに値切ろうとしてきたので頭にきて、経営者仲間に相談してみるとこちらの業者を教えてくれたので、こちらでダメなら諦めるつもりで査定をお願いしました。すると、車検証の内容や車種などの簡単なクレーンの情報を送るだけですぐに見積額がわかり、その金額も他の業者よりも高値だったので少し驚いて逆に心配になりました。でも、実際に査定に来てもらったら値切られるかもしれないと思い、査定をお願いすると本当にその見積もり価格で買取ってくれるということで感激しました。しかも、買取価格は即払ってくれるし、すぐにクレーンは引き取ってくれるし、おまけに面倒な手続きまで請け負ってもらえて、こんなに良心的な買取業者があったことに感銘を受けたほどでした。おかげで資金繰りもなんとかうまくいって経営を立て直すことができました。

注目キーワード

建設機械
土木や建設などの現場の作業で用いる産業機械のこと。 日本建設機械化協会の狭義では「一般土木工事用機械」のみを指す場合がある。
日本建設機械化協会
日本の経済産業省と国土交通省所管の社団法人。建設事業の機械化を推進などを行っている団体である。東京都港区芝公園に本部がある。1949年設立。