株式会社ソーケンアービック

Home > 建物 > 株式会社ソーケンアービック

千葉・茨城の注文住宅は 自然素材と外断熱の株式会社ソーケンアービック

住宅の関連情報

住宅(じゅうたく)は、人の居住を用途とする建築物。「住居」とも言う。生活範囲となる環境を含める場合もある。 ひとつの敷地に一世帯が居住する「一戸建(て)」(戸建(て)、個人住宅とも言う。建築基準法においては専用住宅)と、複数世帯が居住する「集合住宅」(建築基準法においては共同住宅)とに大別される。また、自己が所有し居住する持ち家と、他人が所有する住宅を借りて居住する貸家(貸間)・賃貸住宅に分けることもできる。 その形には、社会の変化に応じて流行もあり、和風住宅、洋風、欧風住宅といった呼び名があり、また、高齢者の在宅ケアなどのための同居する人が増えるようになり、二世帯、三世帯住宅や、高齢者住宅、バリアフリー住宅といった呼称も出てきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

千葉・茨城の注文住宅を自然の中にある太陽熱や地熱を利用して、住まい手の健康と地球環境にやさしい自然素材の省エネ一戸建て注文住宅を、千葉県我孫子市から千葉北西部や茨城南部を中心に発信しています。

千葉の山側のほうの土地を購入し、注文住宅を建てる時に相談しました。私たち夫婦が望んでいた家が平屋住宅ということもあり、建売のような家を売っているハウスメーカーがしっくりとこなかったからです。夫婦二人だけなので、シンプルで長く住める住宅が欲しいと依頼しました。予算も伝え、それ以内で合うような住宅にするにはどうしたらいいのか、とことん営業の方と話を詰めていきました。エコ住宅にするため、太陽光パネルも設置してもらい、オール電化にしています。ガスも考えたのですが、ここら辺はプロパンガスであり高くつくので、もう電気だけで生活できるようにしてもらいました。縁側のある、本当にシンプルですが住みやすい家を作ってもらえました。自然の光をたっぷり取り入れられる設計なので、昼間は冬でも明かりがいりません。家自体が呼吸するような造りで、寒暖の差も激しくありません。新築ですが、身体に悪いものは使っていないので安心して住めます。木の香りが漂っているのも、お気に入りです。家に帰ってくると、思いっきり木の香りを胸いっぱいに吸い込みます。工事はプランを立ててから半年も経たず完了しました。特にトラブルもなく、すんなりと終わったのでほっとしています。

注目キーワード

仮設住宅
-大規模災害が発生して住居を失うなどした人が多く発生したときに、設営する住宅。
集合住宅
1つの建物の中に複数の世帯が入居している住宅のこと。「共同住宅」とも呼ばれている。団地やアパート、長屋などが該当する。